都会にあるドライビングスクールであれば、何もしなくても受講希望者があつまるかもしれませんが、もともと人口の少ない地方にあるドライビングスクールの場合には、相応の経営的な努力をしなければなりません。

合宿免許というのは、ホテルや宿舎などに泊まりながら、ムダのない環境のもとで最短の時間数での卒業をめざすことができるという、受講生にとってはたいへん有意義なプランといえますが、これも地方のドライビングスクールによる経営努力の一環ということができます。
それゆえに、合宿免許のプランを提供しているドライビングスクールは、都市部から離れた交通の便があまりよくない立地であることもあります。

そうした場合、自宅からまずは宿泊地に向かうだけでも、それなりの交通費がかかってしまうものです。



しかし、多くの合宿免許では、あまり交通費についての心配はいらないといえます。


なぜならば、ドライビングスクールのほうで、自宅からドライビングスクールまでの往復の交通費を負担してくれるからです。



この場合、自宅のある市町村からドライビングスクールのある最寄り駅まで、バスや電車、飛行機などの標準的な公共交通機関を利用したと仮定した金額が上限となるのがふつうです。
また、自宅からドライビングスクールまでの往路の交通費については、いったん受講生のほうが立て替え払いのようなかたちで負担をして、卒業するときに帰路の交通費とあわせて精算が行われるスタイルがふつうです。

二輪免許の合宿に関するトレンドをお伝えいたします。